イーグルの操作ガイド

処置登録

[矯正設定] タブ

保険矯正を行う患者さんの登録は必ず矯正設定で初期設定を行います。 矯正設定タブ

[診断料]

算定する診断料を選択します。ここで設定された診断料が算定時にデフォルトに設定されます。また、レセプトの摘要欄に印刷されます。
例) 歯科矯正診断料の時:
歯科矯正診断料
例) 顎口腔機能診断料の時:
顎口腔機能診断料

[診断傷病名]

ここで登録する傷病名がレセプトに印刷されます。右の「▼」をクリックするとペインが拡張されて傷病名をドロップダウンリストから選択します。
診断傷病名

例) 右側唇顎口唇裂、反対咬合:
右側唇顎口唇裂、反対咬合

レセプト印刷:
右側唇顎口唇裂、反対咬合 レセプト印刷

※注意:イーグルはこの診断傷病名の登録がある患者データを保険矯正と判断します。保険矯正の患者さんは必ずここで診断傷病名を登録して下さい。

[診断部位]

診断部位を登録します。実際の装置装着部位は次の「装置装着部位」で登録しますのでここでは診断料を算定する部位を登録します。「▼」ボタンでペインが拡張します。拡張後に「▲」ボタンをクリックすると元に戻ります。ここで登録する部位はデフォルト設定です。実際の部位はカルテ登録時に変更できます。
診断部位

部位はマウスで選びます。左クリックで選択、右クリックで選択解除です。マウスをドラッグすると範囲で選べます。

[装置装着部位]

装置装着部位を登録します。矯正装置や保定装置など装置装着部位を登録します。ここで登録する部位はデフォルト設定です。実際の部位はカルテ登録時に変更できます。
装置装着部位

日付関係

ここではレセプト印刷に必要な日付を設定します。
日付を設定
新規患者でイーグルに初診料からカルテ内容を登録する場合はイーグルが自動的に設定しますのでこの設定は不要です。既に通院されている患者データを再診料からイーグルに入力する場合は必要になります。 変更ボタンをクリックするとダイアログが表示されます。ここのデータはレセプト印刷にのみ使われます。

日付関係 - [診療開始日]

初診料を算定した日を変更できます。新規患者さんで初診料からカルテ登録する場合はここで変更する必要はありません。また、再診料から登録する場合でも初回に再診料算定時(イーグルが自動で算定します)に診療開始日の入力を促すダイアログが表示されますのでここで設定する必要はありません。
診療開始日

日付関係 - [診断料初回算定日]

「歯科矯正診断料」または「顎口腔機能診断料」を初めて算定した日付を設定します。
診断料初回算定日

日付関係 - [診断料前回算定日]

「歯科矯正診断料」または「顎口腔機能診断料」を前回算定した日付を設定します。
診断料前回算定日

日付関係 - [動的処置開始日]

動的処置またはマルチブラケット開始日を入力します。
診断料前回算定日



[保険矯正] タブ

保険矯正 タブ

[診断傷病名]

「矯正設定」で登録された診断傷病名が表示されます。

[部位]
カルテに登録する部位をここで選びます。
  • 診断部位をコピー … 「矯正設定」「診断部位」に登録された部位をコピーします
  • 装置部位をコピー … 「矯正装置」「装置部位」に登録された部位をコピーします
  • 上顎クリア … 上顎を全てクリアします
  • 下顎クリア … 下顎を全てクリアします
[診断・検査・準備]・[調整・経過観察・撤去]

算定する項目をクリックします。クリックすると算定可能処置候補の一覧が表示されますので算定する処置にチェックして倍数を入力します。

例)模型をクリック: 保険矯正 模型
「OK」ボタンをクリックするとカルテに登録されます。「キャンセル」ボタンでキャンセルできます。
※ ヒント:
イーグルのアクティビティープログラムにより算定できる処置は自動的に候補になりますがカルテの登録方法によっては候補に挙がらない場合があります。例えば既に通院されている患者さんの動的処置を算定するとします。動的処置は年数と回数により点数が異なりますがイーグルに初めて登録する患者さんは判断できません。

例) 保険矯正 全体画面
この状態で動的処置をクリックすると・・・
算定処置候補
上図のように、候補がひとつしか表示されません。そこで「全ての処置候補を表示」をチェックすると、下図のように全ての動的処置が選べるようになります。
算定処置全ての処置候補を表示
また、候補に表示されない場合は処置名や点数から検索して登録する事ができます。詳しくは「処置項目の検索」をご覧下さい。

[装置]
装置ドロップダウンから算定する装置を選択します。
装置ドロップダウン
装置が選択されると装置に適した項目が表示されます。

※ ヒント:レセプト請求には「床装置修理」など診断傷病名とは別の傷病名が必要な場合があります。その場合は候補が表示されますのでリストから選択します。
別の傷病名候補