イーグルのユーザーインターフェース

メニュー

ファイル

新患登録

新規患者登録ダイアログを表示します。ツールバーの[新規患者]ボタンと同じです。

患者呼出

ツールバーの[患者番号]ボックスに患者番号を入力して患者を呼び出す際に使用します。[患者番号]ボックスで Enter キーの入力と同じです。

患者更新

編集中の患者情報を保存します。

患者編集の取り消し

患者情報の編集を保存しないで終了します。

患者削除

編集中の患者情報を削除します。

CSV からインポート

CSVファイルを介して患者データの表書きをインポートする事ができます。
最初にオープンダイアログが表示されますので読み込むCSVファイルを指定します。その後フィールドの割り当てを行うダイアログが表示されます。
CSVインポート

左側にCSVファイルのフィールドが表示されます。「先頭行をフィールド名に指定する」をチェックすると先頭行をフィールド名として扱います。多くのアプリケーションがCSVファイルを作成する際に先頭行にフィールド名を追加、もしくは追加するオプションを用意しています。先頭行がフィールド名で無い場合はこのチェックをオフにします。

● 先頭行にフィールド名のあるCSVファイルの例
患者コード,氏名,ふりがな,性別,生年月日,保険者番号…
1,テスト 太郎,てすと たろう,男,1975/05/05,2155…
101,イーグル 太郎,いーぐる たろう,男,1975/05/05,01130012…
102,イーグル 二郎,いーぐる じろう,男,1975/07/22,2155…
CSVインポート2

● 先頭行にフィールド名の無いCSVファイルの例
1,テスト 太郎,てすと たろう,男,1975/05/05,2155…
101,イーグル 太郎,いーぐる たろう,男,1975/05/05,01130012…
102,イーグル 二郎,いーぐる じろう,男,1975/07/22,2155…
CSVインポート2
※ 左のリストには「先頭行をフィールド名に指定する」のチェックの状態に関わらず先頭行のデータが表示されます。

[>] ボタン
右のイーグルのフィールドに割り当てます。
CSVインポート割り当て

[<] ボタン
イーグルのフィールドへの割り当てを解除します。
CSVインポート割り当てを解除

CSVインポート割り当てを解除2

[<<] ボタン
全ての割り当てを解除します。

※注意:患者コード、氏名、生年月日は必須項目ですので必ず割り当てて下さい。
※ヒント:既に存在する患者ファイルには上書きしません。例えば患者コードが100の患者ファイルはEagle.Files\Patient\100.xmlとして保存されます。インポートするCSVファイルに患者コード100のレコードがあってもそのレコードは無視され読み込まれません。よって、1度インポートを実行すると2回目は読み込まれません。再度インポートを実行するにはEagle.Files\Patientフォルダー内の全てのxmlファイルを削除してから実行します。

CSV にエクスポート

患者情報の一覧を CSV 形式でファイルに書き出します。
CSVエクスポート

確認メッセージ表示後、保存ダイアログが表示されますのでCSVファイル名を指定してエクスポートを実行します。エクスポートが終了すると再び確認メッセージが表示されます。

※ヒント:作成したCSVファイルははがきソフトや表計算ソフト等で読み込む事で簡単に利用できます。リコール等にご利用下さい。また、他社レセコンメーカー様への移行にご利用頂けます。

レセプト印刷

レセプトを編集中の患者のみ印刷します。

終了

イーグルを終了します。

編集

保険証の追加

保険証の追加ダイアログを表示します。
会社の退職や引っ越しなどで保険証が変更になった場合に保険証を追加します。
保険証の追加ダイアログ
新しい保険証が有効になった日付を入力します。
「保険情報もコピーする」チェックをオンにすると保険者番号等の保険情報を残したまま新しい保険証を追加します。このチェックは、保険証の変更ではなく住所や氏名等の患者情報が変わった時に便利です。

例)現在以下の保険情報が登録されているとします。
保険証の追加現在
[保険証の追加] で新しい保険証を追加します。タブが追加されて保険者番号等が空白になります。この例では6月8日の日付で追加しましたので前の保険証は6月7日まで有効になります。
保険証の追加新規
後は、通常の登録と同様に保険情報を登録します。
保険証の追加登録

この様に月の途中で保険証が変わった場合、レセプトは2枚印刷されます。
保険証の追加レセプト印刷
この例では6月1日は社保に印刷され、6月8日と15日分は国保に印刷されます。集計も2つの保険種別にわかれてそれぞれ集計します。

社保分
保険証の追加レセプト印刷社保分

国保分
保険証の追加レセプト印刷社保分

※ヒント:以下のように、古い保険証のタブでコンテキストメニューを表示して [移行日修正] と [保険証の削除] が選択できます。
保険証の追加コンテキストメニュー

保険証の削除

保険証の追加で追加された保険証情報を削除します。このコマンドは、古い保険証のタブが選ばれている時に選択できます。
保険証の削除

コマンドを選択すると確認メッセージが表示されます。
保険証の削除
※保険証情報は一度削除すると元に戻せません。

口腔内情報設定

口腔内情報設定ダイアログを表示します。欠損歯・P除外歯・根管数等を設定する場合に使用します。

転帰設定

転帰設定ダイアログを表示します。
転帰設定
歯科診療所ではこの設定は殆ど使われません。未来院請求の患者さんは「中止」にしますがイーグルがレセプト印刷時に自動的に「中止」しますので、ここでの設定は不要です。(設定しても影響はありません)詳しくは「未来院請求」を参照して下さい。

職務上の事由設定

職務上の事由設定ダイアログを表示します。
職務上の事由設定
歯科診療所ではこの設定は殆ど使われません。稀に「下船後3月以内」の事由が認められる場合がありますので、その場合は設定します。

患者検索

患者検索ダイアログを表示します。検索結果を印刷したり、該当する患者を呼び出したりする場合に使用します。

表示

カルテ切り替え

1号カルテ表示と2号カルテ表示を切り替えます。

集計

集計表(日次集計表)

日計表ダイアログを表示します。指定した日の集計を行う場合に使用します。

集計表(月次集計表)

月計表ダイアログを表示します。指定した月の集計を行う場合に使用します。

チェック

チェック日付ダイアログを表示します。指定した請求年月のチェックを行う場合に使用します。

未来院請求可能患者一覧

未来請求可能患者一覧ダイアログを表示します。未来請求可能患者を表示する場合に使用します。

レセプト(印刷前処理)

レセプト印刷前処理ダイアログを表示します。レセプト印刷、総括表印刷の前に実行します。

レセプト(レセプト印刷)

レセプト印刷前処理で処理済のレセプトを印刷します。

レセプト(総括表)

総括表印刷ダイアログを表示します。総括表を印刷する場合に使用します。

ツール

医院投薬マスター

院内で処方する薬剤マスターを管理します。院外処方箋をご利用で院内投薬を行わない医院でもOAカートリッジと特定薬剤の設定をする必要があります
院内投薬マスター

デフォルトでは全てのOAカートリッジと歯周特定薬剤のペリオクリンとペリオフィールがマスターに登録されています。この状態でもイーグルのご利用には影響ありませんが使わないOAカートリッジや歯周特定薬剤を「削除」すると算定時の選択肢が減り入力ミスを防げます。
院内投薬マスター2

歯周特定薬剤はお使いの薬剤を残して使っていない歯周特定薬剤を削除して下さい。
院内投薬マスター3
※薬剤情報用に、[薬剤画像] と [薬剤説明] が設定できます。
※[印刷] ボタンを押すと、院内で使用される薬剤のマスターが印刷できます。

院内投薬で処方する薬剤を厚生労働省マスターから選びます。18,000項目以上ありますので検索が便利です。「追加」ボタンで院内薬剤リストに表示されます。点数計算はイーグルが自動で行います。
院内投薬マスター4
ヒント:検索は大文字・小文字、ひらがな・カタカナ、全角・半角を区別しません。


処置マスター

処置マスターの表示と、一覧の印刷ができます。
処置マスター1


傷病名マスター

傷病名マスターの表示と、一覧の印刷ができます。
傷病名マスター1

笑気設定
笑気設定ダイアログを表示します。院内で使用する笑気ガスについて設定します。
オプション
  • 笑気を利用する … 笑気をお使いの医院ではオンにします。使わない医院ではチェックを外して以下の設定は不要です。
  • ボンベ … ボンベの種類を選択します。ほとんどの歯科医院では小型ボンベです。
  • 酸素購入単価 … 酸素1リットル当たりの購入単価です。小型ボンベの場合上限は2.25円/ℓです。
  • 笑気濃度 … 笑気濃度の規定値を指定します。算定時に実際の濃度を指定できます。
  • リットル/分 … 1分当たりの笑気ガスのリットル数の規定値を指定します。算定時に実際のリットル数を指定できます。
  • 笑気価格 … 笑気の料金を指定します。平成20年4月現在4.1円です。
  • 標準吸入時間 … 吸入時間の規定値を指定します。算定時に実際の時間を指定できます。

医療機関設定
医療機関設定ダイアログを表示して、レセプトや領収証印刷に必要な医療機関情報を設定します。
医療機関設定
  • 医療機関所在地の国保保険者番号 … 地域によっては国保レセプトの編綴で自医院所在地の保険者番号を別に編綴する場合があります。このテキストボックスに自医院所在地の保険者番号を入力すると別に編綴する事ができます。
  • 医療機関名称 … 名称を20文字以内で入力します。
  • 医療機関郵便番号 … 郵便番号を入力します。7ケタの郵便番号を入力するとイーグルは郵便番号辞書を参照します。住所が特定できると [医療機関所在地] に住所が入ります。
  • 医療機関所在地 … 住所を入力します。[〒検索] ボタンをクリックすると住所から郵便番号を検索します。見つかれば [医療機関郵便番号] に入ります。
  • 医療機関開設者 … 開設者を入力します。
  • 医療機関電話番号 … 電話番号を入力します。
ヒント:ここで入力した情報は、レセプト・領収証に印刷されますので間違いのないように入力して下さい。なお、医療機関コードはライセンスキーファイルに設定しますのでここでは入力しません。

画面色設定

配色の設定ダイアログを表示します。
画面色設定
イーグルは紙カルテと同じ配色になるように保険種別によりカルテの枠線の色を変えます。デフォルトでは社保・本人は黒、家族は赤、国保は緑になります。地域により国保が青(神奈川など)の場合がありますので、ここで変更できます。この設定はレセプトや集計等、一切の業務に影響を与えません。
ヒント:後期高齢者は国保と同じ色になります。


オプション
オプションダイアログを表示します。各医療機関に合わせて設定を行います。
オプション
[届出] 施設基準の届け出を設定します。
  • 補管 … 補綴物維持管理の施設基準を届け出ている医院でオンにします。
  • 歯援診 … 在宅療養支援歯科診療所の施設基準を届け出ている医院でオンにします。
  • 外来環 … 歯科外来診療環境体制加算の施設基準を届け出ている医院でオンにします。
  • GTR … 歯周組織再生誘導手術の施設基準を届け出ている医院でオンにします。
  • 齲蝕無痛 … 齲蝕歯無痛的窩洞形成の施設基準を届け出ている医院でオンにします。
[投薬] 施設基準の届け出を設定します。
  • 院内投薬を行う … 自医院で薬剤を処方する医院でオンにします。特定薬剤(ペリオクリン、ペリオリールを含む)を使う医院でもオンにして下さい。
  • 処方箋を使用する … 院外処方箋を使用している医院でオンにします。
[患者コード]
  • シード … 患者コードの初期値です。
  • ステップ … 患者コードの増加数を指定します。
[診療科目]
  • 一般歯科 … 一般歯科でチェックします。
  • 矯正歯科 … 保険矯正を行う医院でチェックします。このチェックボックスは、有効なライセンスキーがインストールされている場合に限り変更可能になります。
[全顎撮影]
パントモフィルム:お使いのパントモを設定する事で処置算定時に使わないパントモの表示を隠して入力ミスを防ぎます。
  • 指定なし … 処置算定時にパントモの候補として全て表示されます。デジタルパントモとフィルムパントモを混在してお使いの医院でオンにします。
  • 大(20.3x30.5) … 20.3cm×30.5cmのフィルムをお使いの医院でオンにします。デジタルパントモは表示されません。
  • 小(15x30) … 15cm×30cmのフィルムをお使いの医院でオンにします。デジタルパントモは表示されません。
  • デジタル … デジタルパントモのみをお使いの医院でオンにします。フィルムパントモは表示されません。
全顎1x枚法を使う:全額法の撮影を行う医院でオンにします。
[デンタル]
お使いのデンタルを設定する事で処置算定時に使わないデンタルの表示を隠して入力ミスを防ぎます。
  • 標準型フィルムを使う … 標準型フィルムをお使いの医院でオンにします。
  • 咬合型フィルムを使う … 咬合型フィルムをお使いの医院でオンにします。
  • 咬翼型フィルムを使う … 咬翼型フィルムをお使いの医院でオンにします。
  • 小児型(大・2.2x3.5)フィルムを使う … 小児型、2.2cm×3.5cmのフィルムをお使いの医院でオンにします。
  • 小児型(小・2.4x3)フィルムを使う … 小児型、2.4cm×35cmのフィルムをお使いの医院でオンにします。
  • デジタルレントゲンを使う … デジタルレントゲンをお使いの医院でオンにします。
[アクティビティー制約を無効にする]
このチェックを外すとアクティビティーに無い処置の任意登録ができなくなります。アクティビティーの内容が十分で処置を任意登録する事がない医院でオンにすると入力ミスが極めて少なくなります。
[カルテコメントを入力する]
このチェックをオンにすると、アクティビティーで処置を算定する場合、カルテに必要なコメント入力ダイアログが自動で表示されます。
[ユーザファイルの参照先]
イーグルで使用されるデータは、 [マイドキュメント] フォルダ内の[Eagle.Files] フォルダに保存されます。(詳しくは「バックアップとメンテナンス」をご覧ください)LANで使用する場合はこの設定を変えます。
例えば「受付」と「院長室」と言うパソコンがネットワークで繋がっているとします。「院長室」のEagle.Filesを共有して「受付」から参照するには「参照」ボタンをクリックしてネットワークから選びます。
ユーザファイルの参照先
※「リセット」ボタンをクリックすると参照先が削除されて初期値に戻ります。

導入設定

導入設定ダイアログを表示します。初回起動時の導入設定をやり直す場合に使用します。

ライセンス管理

ライセンス管理ダイアログを表示します。購入したライセンスキーを登録する場合に使用します。インストールされているライセンスキーの一覧も確認できます。

ヘルプ

バージョン情報

起動しているイーグルのバージョン情報を表示します。


ツールバー

ツールバー

新患登録

新しく患者さんを登録します。詳しくは「新規患者登録」をご覧下さい。

患者検索

患者さんを検索します。詳しくは「患者検索」をご覧下さい。

保存

編集中の患者データを保存して編集を終了します。

取消

編集中の患者データを保存しないで編集を終了します。

画面切換

1号カルテと2号カルテの画面を切り替えます。

保険証追加

保険証が変わった時に新しい保険証を追加します。詳しくは「保険証の追加」をご覧下さい。

院内投薬

薬剤を処方します。詳しくは「院内投薬」をご覧下さい。

処方箋

処方箋を算定します。詳しくは「処方箋」をご覧下さい。

印刷 - 領収証

現在編集中の患者さんの領収証を印刷します。
領収証の印刷
印刷日 … 印刷日はデフォルトで今日の日付になります。ここで日付を入力する事で印刷日を変える事ができます。
自費金額 … 自費金額を入力します。
雑貨金額 … 歯ブラシやデンタルフロス等の雑貨の販売があれば入力します。
未収金 … 未収金があれば入力します。
用紙サイズ … はがき(A6)サイズかA5を選べます。

領収証未収金
ヒント:
未収金は引き継ぎます。
例えば上記の例では30,000円の未収金がありますが次回の診療後にダイアログを表示すると未収金が表示されます。
領収証未収金次回

また、カルテの情報ペインにも最新の未収金が表示されます。
領収証最新の未収金

印刷 - レセプト

現在編集中の患者さんのレセプトを印刷します。

印刷 - 薬剤情報

薬剤情報を印刷します。

印刷 - 処方箋

処方箋を印刷します。

情報ペイン

情報ペイン

(再)初診

最後に初診料を算定した日付です。レセプトの診療開始日に印刷されます。

保険証確認日

最後に保険証を確認した日付が表示されます。

エラー

チェックエラーがある場合にアイコンが表示されます。

患者登録人数

患者登録人数が表示されます。

実日数

最終来院月の診療実日数が表示されます。

合計点数

最終来院月の合計点数が表示されます。

負担金合計

最終来院月の合計負担金が表示されます。

未収金

未収金がある場合に表示されます。


1号カルテ

1号カルテの詳細は「新規患者登録」をご覧ください。
1号カルテ


2号カルテ

2号カルテの詳細は「処置登録」をご覧ください。
2号カルテ